ラベル印刷の刷り増し
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

刷り増しとは、最初に注文したものでは足りずに、追加で注文して刷ってもらうことを言います。また、増刷や増し刷りという言い方もあります。同じような言葉に重版というものがありますが、これは初めて刷ったものの内容を少し改めて、新しく作り直すことを指します。さて、ラベル印刷の場合、最初に作った版が残っていれば、刷り増しで注文ができますが、もし、版が廃棄されていた場合は、その版を使えませんので、刷り増しはできずに新しい注文となってしまいます。ですから注文する際には、どれくらいの量が必要なのかをきちんと決めて注文するようにしましょう。ただ、最初の注文からそれほど期間が経っていない場合は、大抵印刷会社の方に版が残っていることも多いので、その時には刷り増しで済ませることができます。因みに刷り増しなら紙もインクも同じものを使用するので、コスト的には増えませんが、ラベルの文字やイラストなどの内容を変えると重版となり、新しく版を起こす必要が生じ、その分コストが高くなってしまいます。

刷り増しのメリット

刷り増しをすることのメリットは、やはりコストを抑えることができるということです。もし、最低注文ロットが大きいと、不必要な分まで印刷することになり、コスト高になってしまいます。これを防ぐためには、最初から小ロットで印刷してもらえる印刷会社を選ぶことです。その上で、二回目以降、必要な分だけ注文すれば無駄がなくなります。また、小ロットでの注文は、そのラベルの仕上がりを実際に確認できる点でも優れています。気に入れば刷り増しをすればよいですし、気に入らなければそれ以上注文しなければ良いのです。ですからラベル印刷をしてくれる会社を選ぶ場合、小ロットでの注文が可能で、しかも刷り増しのできる会社、また、刷り増しにおいて別料金が発生しない会社を選ぶべきです。

刷り増しの際の注意点

刷り増しは、以前に印刷したものを再度印刷して増刷できますが気を付けるべき点もあります。印刷会社によっては刷り増しできるものとできないものがあるということです。例えば、屋外用の大判ステッカーなどはできないことがありますし、裏面印刷のものなどもできないことが多いです。どれが刷り増しできるのかは印刷会社によって違いますので、あらかじめ聞いておく方が無難です。また、刷り増しには期間もあります。大抵は2年以内のものなら刷り増しできる印刷会社が多いですが、これも事前に確認しておくべきでしょう。もし、以前に作ったものから2年以上経過している場合は、再度版を起こさなければならなくなり、最初と同じ価格になりますので注意しましょう。

ロール巻きラベル印刷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラベル印刷は、大きく分けると二つあります。一つがシート状になっているものであり、もう一つがロール状になっているものです。シート仕上げになっているものは、商品にラベルを手作業で貼る場合に使われます。また、ロール状のものは、ラベルがロール状に巻かれてあるので、ラベル貼り専用の機械で貼ったり、ロールを天井から吊るして使用する場合に使われます。また、ロール仕上げの場合は、ラベルが外側に出ている表巻きと内側にある裏巻きがあり、それぞれに右から出てくるもの、左から出てくるもの、上から出てくるもの、下から出てくるものの四つ、計八種類あります。

ロール巻きの内径と紙管について

ロール巻きは通常、ラベラーと言われる自動貼り機を使って自動的に貼られていきますが、人件費、作業時間ともに短縮されて、コスト的にメリットがあります。さて、このロールは内側に紙管という軸がありますが、この紙管には三つのサイズがあります。それぞれに1インチ、2インチ、3インチです。ただ、ほとんどが3インチであり、ラベラーもそれに応じたものが多いので、必然的に3インチになることが多いです。また、コストを下げようと思うのなら、大巻きにすると良いでしょう。いずれにせよロール印刷は、大量生産に向いており、それによりコストダウンができて便利だといえます。

ラベル印刷を安くする方法

ラベル印刷を安く上げるには、いくつかの方法があります。その一つがロール印刷です。また、印刷はラベル印刷会社に直接注文することです。印刷会社ならどこでも良いというわけではないのです。ラベル印刷は特殊印刷であり、一般の印刷会社に発注した場合、大抵はその会社で印刷はせずに、ラベル印刷会社に委託することになります。そうなればマージンが発生しているわけで、コスト高になるのは必然なのです。次に形や大きさは、ラベル印刷会社でできるものを注文します。特殊なものを頼めないことはありませんが、そうなるとこれも単価は高くなってきます。
ラベルを印刷する場合、その印刷方法は凸版印刷、オンデマンド印刷、オフセット印刷など多種類にわたります。この中では、凸版印刷が一番コスト的には安くなります。なお、オフセット印刷は最も綺麗な印刷方法ですが、コスト的には高くなるのが難点です。次に印刷する色数を少なくするのもコスト安につながります。シンプルで色数の少ないデザインであれば、凸版印刷が使用でき、これだと耐久性もあり保存がきくので、次回刷り増しをするときに版代が請求されません。ただし、印刷会社によっては、四色でも印刷代が同じことがありますので、これは注文時に聞いてみると良いでしょう。最後にラミネートにしなければ安くなる場合があります。ただ、これは最初からラミネートになっていることもあるので、この点も注文時に確認した方が良いです。